ジャンクな豚ミンチのブログ。

自称買い物依存症患者による自作PCなど、ガジェット系を主体にしたブログ。

ジャンクフード: ミスタードーナツ食べ放題考察。

こんばんわ。
ジャンクフードが大好きな豚ミンチ(id:Pork_Mince) です。
今回は非常に夢のあるネタであり、鼻息を荒くして記事を書いて逝きますッ!

目次

  1. はじめに
  2. ドーナツビュッフェ
  3. 胃袋にブチ込む順番(考察)
    1. 1皿目: ウォーミングアップ
    2. 2皿目: 趣向を変えて飽き防止
    3. 3皿目: 高価格帯での追い込み
    4. 4皿目: 軽めのメニューでダメ押し
  4. おわりに

はじめに

ミスタードーナツと言えば、マクドナルドと並ぶジャンクフード業界の横綱
マクドナルドがデブ飯を安価に供給する事で、血気盛んな青少年の支持を獲得しているのに対し。
ミスタードーナツは甘いジャンクフードの爆食いでストレスを解消したい、女性陣の支持が厚い印象があります。

しかしながら、あのショーケースに並んだドーナツ群が(60分でも)全部、自分のモノになったような感覚に浸れる食べ放題。
老若男女問わず、一度は憧れる夢の企画ではなかろうか…と、思うのです。
今回はそんな夢のあるイベントについて、もし参加できるなら、どのように攻略するか。
筆者なりに考えてみました。


ドーナツビュッフェ

ミスタードーナツの食べ放題イベント、ドーナツビュッフェですが、店舗によっては開催していなかったり、店舗ごとにルールに差があるようです。
筆者が事前に調べたところでは、ザックリとこんな感じです。

  • 価格は1,500円(中学生以上)。
  • 制限時間は60分。
  • 予約の要/不要は店舗による。
  • 参加人数は2人?、それでも1人?。
  • 一度の注文個数は6個 or 3個(1回ごとにレジに並ぶ)。
  • ドリンク飲み放題。
  • 最終オーダーは5分前まで。
  • 食べ残し、持ち帰りは禁止。


注文の度にレジに並ぶ必要があり、混み合った時間帯だと大きなタイムロスになりますね…。
また、開催店舗の数は意外に少なく、都市部に集中している。
参加人数は2人、という例が多いので、その場合は相方を探す必要がある…。
何気に敷居の高いイベントのようですね。


胃袋にブチ込む順番(考察)

さて、本題。
60分の制限時間で、1,500円の元と取る。
レジに並ぶ時間を考慮すると、この目標の達成は難易度が高いと言えるでしょう。
開戦後に何を食うか悩んでいる時間は無く、予め標的と、彼らを胃袋にブチ込む順番を決めておく必要があるのです。
また、予定していた商品が品切れの場合、現場で瞬時に標的を変更するだけの反射神経・決断力が要求されます。

早速筆者が、この食べ放題の具体的な攻略手順を考えてみました。
自身が実際に挑戦した訳ではありませんが、機会があれば後述の手順で攻略を試みるつもりです(1皿目で詰みそうですが)。

1皿目: ウォーミングアップ

先陣はフレンチ系、ポンデ系、イースト系の稼ぎ頭が揃い踏みです。
いずれも定番品である為欠品の心配がなく、スタートダッシュをキメると同時に2皿目の構成を考える時間も手に入ります。
また、同社製品としては軽めなので、胃袋のウォーミングアップにも最適と思われます。

商品 価格 カロリー 塩分
フレンチクルーラー 121円 154kcal 0.3g
ポン・デ・黒糖 121円 204kcal 0.6g
エンゼルクリーム 143円 204kcal 0.5g
ホットティ(ミルク・レモン) 275円 記載無し 記載無し


カロリー: 562kcal。
食塩相当量: 1.4g。
価格: 660円。

この面子を空腹状態で迎え撃つのは楽勝でしょう。
ポンデ黒糖は少し重いけど、フレンチクルーラーとエンゼルクリームは十数秒で始末できる。
それでも、3個食えば重量級のカップ麺orミドルクラスの菓子パンに相当する高カロリーですな…。

2皿目: 趣向を変えて飽き防止

1皿目は「これぞ、ドーナツ!」と言わんばかりの内容で、口の中に甘さが充満しているハズです。
ここで同じ系統を続けると飽きるので少し趣向を変え、惣菜系のパイやチーズ味などで気分転換を図ります。
後続を迎え撃つ為、ドリンクも気合いを入れる意味でカフェインの入ったコーヒーを選択。

商品 価格 カロリー 塩分
エビグラタンパイ 220円 236kcal 1.0g
むぎゅっとドーナツ チーズ 154円 179kcal 0.6g
さつまいもド 大学いも 143円 266kcal 0.4g
ミスド ブレンドコーヒー 275円 記載無し 記載無し


カロリー: 681kcal。
食塩相当量: 2.0g。
価格: 792円。

2皿目は、人によってはコレだけで満腹…どころか胃もたれしそうなヘヴィな内容です。
カロリーも平均的な成人女性の1食分を上回り、塩分も1日の上限を7gとするなら相当厳しい値です。
まさに「塩・糖・脂」の塊!ジャンクフー度が極めて高い1皿となっています。

3皿目: 高価格帯での追い込み

1、2皿目とも若干趣向を変え、マフィンやパイ(りんご)など、食感の変化も楽しめる構成です。
200円越えの高価格帯を2つ含み、1,500円の元を取る為のラストスパートとも言うべき構成です。
また、カフェインの過剰摂取対策として、ノンカフェインのコーヒーを選択しています。

商品 価格 カロリー 塩分
ストロベリーカスタードフレンチ 154円 197kcal 0.3g
クリームイン・マフィン
ダブルベリーヨーグルト
220円 280kcal 0.6g
ホット・スイーツパイ りんご 220円 264kcal 0.5g
カフェインレスコーヒー 308円 記載無し 記載無し


カロリー: 741kcal。
食塩相当量: 1.4g。
価格: 902円。

同社製品では軽い部類のフレンチ系を加えたものの、2皿沈めた状況でこの面子は流石に厳しいと思いますね。
カロリーも平均的な成人男性の1食分に相当する上、マフィンのボリュームとパイ生地の密度と重さは、疲弊した胃袋にとって大きな負担になるハズ。
でも、2皿目でリタイヤすれば1,500円に届かず、元を取れなくなってしまう…。

圧倒的なハイテンションと勢いでブルドーザーのようにかき込むか、気合いと根性で捻じ伏せるか…。
勿論、まだまだ物足りない!と余力を残す猛者も居るのですが。
3皿目ともなれば、一般人はかなりの苦戦が予想され、身の程をわきまえて4皿目は挑戦しない方が賢明でしょう。

4皿目: 軽めのメニューでダメ押し

もし、4皿目に挑戦できる余力がある場合、1個200kcal未満で構成するのが無難でしょう。
基本はフレンチ系で攻める事になりそうです。
3皿目で1,500円の元が取れるので、ドリンクは省いても良さそうです。
ここまで完食できればコスパ的に大満足でしょう。

商品 価格 カロリー 塩分
フレンチクルーラー 121円 154kcal 0.3g
シュガーレイズド 121円 192kcal 0.7g
エンゼルフレンチ 154円 192kcal 0.3g
ホットティ(ミルク・レモン) 275円 記載無し 記載無し


カロリー: 538kcal。
食塩相当量: 1.3g。
価格: 671円。

イースト系のシュガーレイズドを加えましたが、塩分の点で若干足を引っ張る感じですね…。
余談ですが、これまでの皿で一番旨そう。


おわりに

筆者は元々、時間制限下で追い詰められ、速度や量を競って食べる習慣がありません。
ガキの頃から「メシは5分で食え!早く食えない奴は仕事にならん!」と教わって育ちましたが、大人になっても愚鈍なゴミカス野郎のままです…。

また、胃腸が弱い上にかなりの偏食なので、先述の攻略手順で反射的に温かいドリンクを選んだのは、「油と冷たいモノを同時に摂取すると100%腹を壊す」事を心得ているからでしょう。
良く考えてみると、筆者にこのドーナツビュッフェは向いていない、という結論に至りました。

皆さんも挑戦する前に一度、1食でドーナツを何個まで食えるか?、短時間で1,500円の元を取れるだけの量を摂取するとどうなるか?
胃腸の調子や、肌荒れ、中性脂肪はどうか?
熟考してみると、食べ放題と言うスタイルがそれほど魅力的に映らないかもしれません。
ちなみに今回紹介した4皿を完食した場合、総カロリーは2,522kcalで成人男性の1日の上限を大きく上回り、塩分も6.1と1日の摂取目標7.0gに王手が掛かります。
ミスタードーナツは、まさにジャンクフード然としたジャンクフードなのですよ。
まぁ、ジャンクフードの爆食いは原則、罪悪感が芽生えたら負けなのですがね…。

確かに、ミスタードーナツのジャンクフードは旨いです。
そして、ジャンクフードは身体の栄養にはならなくても、心の栄養としては最強です。
だからこそ、ミスタードーナツは1回2個くらいでいいや…、となりますね。
油の臭いに飽きてまで摂取し続けるようなモノではないと思いますよ。

ジャンクギター改造病、寛解かも。

こんばんわ。
(不謹慎ではありますが)コロナ禍の減収が良い方向に作用し、最近「10,000円は大金だ!」という感覚を取り戻した豚ミンチ(id:Pork_Mince)です。
今回のネタはタイトル通り、ジャンクギターです。

目次

  1. はじめに
  2. ジャンクギター改造病患者の特徴
  3. 最も大きな損失を出した2本
    1. Fender Japan Stratocaster
    2. Jackson Soloistタイプ(Ja糞n)
  4. ジャンクギター改造病を終わらせた2本
    1. ESP MV(魔改造ジャンク再生品)
    2. ESP MV(中古改造品)
  5. おわりに

はじめに

筆者の買い物依存症において、ジャンクギターの改造、特にピックアップでの散財は自作PCに次ぐ重大案件でした。
それが現在、買いたい!という衝動が全く起こらず、サウンドハウスやデジマート、オークションサイトを漁る事もない。
その状態が半年以上続いているので、ジャンクギター改造病に関しては寛解と言えるのではないか?
そう思って、これまで手にしてきたジャンクギター達を振り返る事にします。


ジャンクギター改造病患者の特徴

ジャンクギター改造病患者の特徴…。
患っている人は自分でも気づいているハズですが。
ジャンクギターを含む「改造」に手を出すような人間の大半は、

  • FenderとかGibsonのロゴ(権威買い)はどうでもいい。
  • ボディ鳴りの当たり外れ(個体差)は殆ど気にしない。
  • ギターは外観、ネックシェイプ、仕様(パーツの構成や配置)が重要。
  • 最高のギターはオーダーメイドである。

という持論を展開し、計画性と協調性に欠け、内向的で常時金欠な場合が多いのです。
少し詳しく見ていきます。

自分にとって理想のギターがあり、それが手の届く吊るしのギターでは見つからない。
それはオーダーメイドでしか実現できないが、アマチュアがESPで作る例にありがちな、奇抜な形状でゴテゴテしたモノではない。
しかし、オーダーメイドは高額すぎて経済面で選択肢に入らない。

そこで、妥協できる形状のジャンクギターを低予算で漁り、手を加える事で「自分にとっての理想」に少しでも近づけようとする行為なのです。
社会人になってジャンクギターを弄り回している人は学生時代、ほぼ確実に、とある行動をとっているのです。

はい。
ガキの頃、ノートに「夢のギター」を書いているのですよ。
当時の豚ミンチ少年がノートに描いていた夢のギターは、1H1Volのストラト系シェイプ、24FでFloyd Roseという、有りそうで無い仕様でしたが。
歳を重ねてフロントピックアップの価値を認識した後も、(細かい部分を含めて)根本的な好みは変わっていない気がする…。

話は逸れましたが、患者の大方の特徴を読者諸氏に伝える事ができたかと思います。
勿論、単純にジャンクギターの改造ではなく再生が趣味の人もいたり。
アンプやエフェクターにまで対象が拡大している例もありますが…。
彼らはまた、別物と捉えて読み進めて下さい。


最も大きな損失を出した2本

筆者はこれまで、ジャンクギターを買っては改造し、廃棄する…これを計10本くらいやりました。
今振り返ると、全てストラト系シェイプのフラットトップでアーム付、8割方SSHレイアウト。
3SとSHはあるけど、気づいたらフロントPU=フルサイズハムが無い…。
そして、アーチトップやチューンOマチックは反射的に避けていた気がする…。

一時期から2H仕様に憧れ、いくらでも買う機会があったのに、実際に買うのはいつもSSHばかりだった訳です。
そしてセンター廃止、フロントにシングルサイズハムを乗せるという奇行に走るのですよ…(謎)。

その中でも筆者の自宅に長年に渡って居座り、ピックアップを対象とした買い物依存症の発端となった悪魔を紹介しましょう。
いずれも廃棄済で写真も残っていない為、文面のみのとなります。

Fender Japan Stratocaster

筆者が学生時代から使用していたギターで、改造を繰り返した末に粗大ゴミと化したモルモット君です。
購入時の本体価格は1,500円ですが、ピックガードを3回交換したり、度重なるパーツの交換等で出費が嵩んでいます。

購入時は錆や日焼けが多く、汚いジャンクストラトでしたが、中学〜20代前半までの愛機でした。
元々は3Sザグリ(この価格帯にありがちな弁当箱ザグリではない)のリアを、素人仕事(おそらくノミや彫刻刀)で加工しており、無理矢理SSH仕様に改造してある。
ブリッジのサドルも錆びて動かず、ピックアップも腐食が激しい為、部品取り用にすらならない。
まぁ、学生の頃は配線を繋ぎ直したコレと、500円で買った歪みペダルを古いラジカセに繋ぎ、必死で練習していたんですよね…(懐かしい)。

それでは、生前(メインで運用していた頃)のスペックから。

項目 内容
ボディ バスウッド
ネック ロングスケール/メイプル
指板 ローズウッド/21F
ジョイント ボルトオン
ブリッジ 6点留めシンクロ
ピックアップ(F) Seymour Duncan STK-S1n
ピックアップ(S) 無し(ステッカーで穴埋め)
ピックアップ(R) Seymour Duncan STK-S1
コントロール 2S / 3wayレバー / 1vol


ピックアップは社会人になってからですが、Seymour DuncanのSTK-S1というスタックシングルで長期間落ち着きました。
これは知人のSSHレイアウトのギターに付いていたモノを安く譲り受けたもので、おそらく片方が逆巻きになっていたハズ…。
筆者はセンターを使わないし、邪魔なので、2Sを3wayレバースイッチで切り替える仕様とし、ピックアップガードの真ん中の穴はステッカーを貼って隠しました。
他にもトーンポットも全て廃止し、Volのみ結線、ハイパス+スムーステーパーという改造を施していました。

このギターはネックが極太でフレットが低く、21Fまでしかない点が不満でした。
しかし、自身が初めて買ったギターという感情移入もあり、何度も手放す事を躊躇った個体でもあります。

Jackson Soloistタイプ(Ja糞n)

筆者が20代の頃のメイン機で、ピックアップ(買い物依存症)絡みで歴代最大級の損失を出した疫病神です。

JacksonのSoloistタイプで、購入時はSSHレイアウト、5wayレバースイッチ 、1vol + 1tone という仕様でしたが。
その後、業者依頼でセンターPUザグリとトーンポットの穴を埋め、その部分の塗装タッチアップを行っています。
ジャンク購入時の本体価格は約5,000円ですが、前述の木工塗装で40,000円くらい散財。
加えて、フレットすり合わせで10,000円くらい溶かしています。
弦も各社の08-38を点々とし、最期はアーニーボールだったと思う…。

このギターは海外モノにありがちな造りの酷い個体で、スルーネックではあるものの、ネックとボディの繋ぎ目、ネック裏のスカーフジョイント部の段差が塗装した上からでも丸わかり(目視で分かるレベル)。
指板インレイは段差があったり、接着剤が指板上にはみ出している部分もありました。
また、バインディング巻きのネックでしたが、フレットの端が浮いている箇所がありました。

それでは、廃棄(売却)時の最終スペックから。

項目 内容
ボディ 材質不明
ネック ロングスケール/材質不明
指板 材質不明/24F
ジョイント スルーネック(段差有り)
ブリッジ Floyd Rose(廉価ライセンス品)
ピックアップ(F) Seymour Duncan STK-S4n
ピックアップ(S) 無し(穴埋め+塗装)
ピックアップ(R) Seymour Duncan Jason Becker TB
コントロール SH / 3wayレバー / 1vol


最終的にはSH構成で1vol、センターを廃止したので3wayレバースイッチに変更しています。
また、VolポットやPUセレクターから伸びる配線は手頃な長さに切り、ピックアップ交換時は(被膜を除去した先端を)捻って熱収縮チューブで固定していました。
これは頻繁にピックアップ交換を行う都合上、ハンダ付けを省いて作業効率を上げる為の措置でした。

このギターは最初、Seymour DuncanのTB-11とSCR-1nに交換し、それを長い間使いましたが…。
気づいたらSeymour DuncanとDiMarzioを中心にピックアップの泥沼にハマり、弦交換のタイミングでピックアップ交換、という大惨事になっていました。
ピックアップだけでも軽く20万円以上溶かしたと思います。
でも、最期のJason Beckerモデルは素晴らしいピックアップでしたね…。

実際、このギターはボディが全く振動せず、コントロールの位置が好みだった以外に魅力は無かったです。
いくら改造しても、自分の満足する1本にならない事は、家に持ち帰った時点で分かり切っていたのです。
ただ、非正規雇用の金欠時に大枚叩いて魔改造した事、度重なるピックアップ交換で損失が雪だるま式に膨らんだ事もあり…。
俗に言うサンクコストの影響で見切りを付けられず、最終的にキヂガイみたいな無駄遣いで幕を閉じたのでした。


ジャンクギター改造病を終わらせた2本

ここで紹介する2本は、筆者の「ジャンクギター購入→改造→廃棄」の連鎖に終止符を打った救世主的なギターです。
「本当に気に入ったモノを手にすると(同じカテゴリの)他のモノに興味が無くなる」というのは当たっていて、 その後の竿モノ断捨離に繋がりました。
今となっては、ハ○ドオフのジャンクコーナーを前にしても、気持ちが昂ぶる事は無くなりました…。

以下の2本は今でも大切に使っているし、2019年の鬱病期には精神的な支えにもなってくれました。
本当に感謝しています。

ESP MV(魔改造ジャンク再生品)

現在の筆者のメインで、自身が買った最後のジャンクギターです。
詳しい内容は、以前、

junk-pork.hatenablog.com

こちらの記事で書いており、そこから若干変更が加えられていますが…。
筆者は間違いなく、このギターに救われたと言っても過言ではない。
ネット上では、ESPは島村楽器の自社ブランド(HISTORY、狂爺)と並んでバカにされる(ボッタクリとか情弱向けって事かな?)代表格ですが、宅録専用なので気にしていませんよ。
それどころか、筆者がこれまで買ったジャンクギター達とは造りの良さの次元が違っていたし。
フレットの端で怪我の心配が無い個体は、本機が初めてだったかも…。
まぁ、DTMをやっている友人達からは「厨二臭ぇギターだな」、「同人系が好きなオタク部屋に置いてありそう」、とかボロクソに言われてますけどね。

f:id:Pork_Mince:20200923184535j:plain
業者修理で元ジャンクとは思えない仕上がりのESP MV。

確かに、購入時の本体価格60,000円、ESP系列店依頼で「塗装剥がし→穴埋め→再塗装」が60,000円弱、Floyd Roseを含むパーツの買い戻しなどで、総額200,000円近く溶かしてはいるのですが…。
ESPさんのリペア料金は正直高いと思ったけど、筆者に60,000円でここまで治す事は不可能だし、仕上がったボディも元ジャンクだったとは思えない。
このギターはサイズ感やコントロールの位置、そして何よりネックの握りが最高に好みなので、周りからダサいとバカにされても「一生モノとして使い続ける事」に決めました。

それでは、現在のスペックから。

項目 内容
ボディ ホワイトアッシュ
ネック ミディアムスケール/メイプル3P
指板 エボニー/27F
ジョイント ボルトオン
ブリッジ Floyd Rose
ピックアップ(F) Seymour Duncan SCR-1n
ピックアップ(R) Seymour Duncan TB-15
コントロール SH / 3wayレバー / 1vol


リアピックアップをTB-16(mod)からTB-15に変えた他、スプリングを4本全てESP Type2に統一しています。
Seymour Duncan TB-15(SH-15) Alternative8 に関しては以前、ピッ○アップ大将とか言う有名レビューサイトでボロ叩きされており、あまり評判の良いピックアップではなかったのですが…。
個人的には高域が耳に刺さらなくて好ましく、後述のTB-11より低域が豊かでハイゲインな設定に対応しやすい。
突出した個性に欠けるけど、高出力モデルとしては扱いやすい部類かな、と。
まぁ、ネット上のピックアップのレビューなんて、鼻くそ程度にしか参考にならない訳だし、もうコレでいいや…となりました。

f:id:Pork_Mince:20200923184203j:plain
現在はSeymour Duncan TB-15(R)と同SCR-1n(F)の組み合わせ。

今考えると、周りから指摘されるように200,000円という予算があったら、他に良い選択肢があったかもしれないですね…。
例えば、フジゲンのセミオーダーとかね…、画面をポチポチ弄りながら興奮したけど、筆者好みの仕様変更を加えるといくら掛かるか分からんです。
他にも、IbanezのJ.Customを中古で漁るとか、Djent系の人はマヨネーズの中古を狙うかもしれない。

ただ、最初はネックを気に入って衝動買いだったものの、パーツ類の調達は計画的だったし、業者修理の料金は1年掛けて貯めた。
その後も何度か手を加えたけど、結局は「都合の良いタイミングで払える分割払い」みたいなものでした。
流石に200,000円のギターを一括とか、ローンを組んで買うという気にはならないので、当時の筆者にはコレがベストの選択だったのでしょう…。

ESP MV(中古改造品)

このギターは前述のMVのサブとして購入し、現在は交互に使用している「もう1本のメイン」とも呼べる存在です。
筆者が買ったギターの中で、初めてにして唯一の「ジャンクじゃない(すぐに音が出る)ギター」でもあります。

f:id:Pork_Mince:20210912062944j:plain
筆者唯一の中古購入(非ジャンク)品、なかなかの美品で掘り出し物だった。

結論から言うと、本機はデジマート(通販)で買いました。
当時は中古市場もそれなりに賑わい、ESPのM2やMVだと、100,000円前後が相場だったと思う。
故に筆者は一生物として、8〜9万円代でM2、もしくはMVの中古を狙うのは妥当な選択…、という考えでした。
M2は2Hでも、旧仕様のSHでも、ロッドが回ってローズ指板ならどちらでも良かったし。
MVならスケールが変わらないから、そのまま同じ感覚で使えるだろう、と。
そして、日焼けや細かい傷などの経年劣化はあるものの、バックプレートやトラスロッドカバーまで完備された本機が目に止まり、ポチっとやってしまいました。
筆者は元々、ボディ鳴りの当たり外れがどうの〜とか気にするタイプではないし、ネックが正常(ロッドを含む)であれば、通販で楽器を買う事に抵抗は無いですね。

このMVはヒールカットに加えて、ネックセットプレートが使用された旧仕様の個体で、実際に手に取ってみると、ネックが若干太い気がしました。
思いの外美品であり、ネット通販で竿モノを買うというギャンブルで思わぬ幸運を手にした格好になりました。
ちなみに、ヘッド部分に小さな塗装欠けがあり、この部分はESP系列店でタッチアップ(1ヵ所5,000円くらい)をお願いしています。
後述のピックアップ交換やスプリング(ESP Type2 × 4本に交換)、Floyd Roseのインサートブロックやネジの交換を含めると、総額で100,000円はオーバーしますね…。
しかし、レリックなんか糞食らえ!な筆者としては、外観がモチベーションや愛着に与える影響が大きいので、これは必要経費だと思っています。

それでは、現時点のスペックから。

項目 内容
ボディ ホワイトアッシュ
ネック ミディアムスケール/メイプル3P
指板 エボニー/27F
ジョイント ボルトオン
ブリッジ Floyd Rose
ピックアップ(F) Seymour Duncan SCR-1n
ピックアップ(R) Seymour Duncan TB-11
コントロール SH / 3wayレバー / 1vol


基本的にはもう1本のMVと同じ、シングルサイズハムとフルサイズハムで、3wayレバースイッチの真ん中が両ピックアップのタップ状態MIXです。
ピックアップはSeymour DuncanのTB-11とSCR-1n。
皮肉な事に、昔初めて買ったリプレイスメントピックアップの組み合わせです。
TB-11(SH-11) Custom Customは所謂78 Modelの廉価版、78 Modelを買えない人が手軽にヴァンヘイレン風サウンドを出す為のアイテムらしいです…。
まぁ、筆者はヴァンヘイレン信者ではないですが、このピックアップは高域が出るけど痛くないし、低域が少なくスッキリしている点が好きですね。

f:id:Pork_Mince:20210912063509j:plain
ピックアップはPOPS/Rock向けに、Seymour Duncan TB-11(R)と同SCR-1n(F)に交換してある。

筆者はこの2本目のMVを購入後、自分の出したい音はこの2本で全て賄える、そう判断し、他の竿モノを全て処分しました。
そして5年以上、新たにギターを買わない状態が続いているのです。


おわりに

最近はDAWやアンプシュミレーターが主体となり、趣味で宅録をやっている知人達も竿モノの数は減らす傾向にありますね…。
一昔前にように冷蔵庫のようなラックシステムを組んだり、鍵盤の要塞に佇む〜なんてのは最早、絶滅危惧種でしょう。
かつての筆者の如きリサイクルショップで漁ったジャンクギターや腑分けした部品が散乱するゴミ屋敷部屋も、まず居ないでしょう。
特に、若い層はハード系の機材も極力減らして小綺麗にまとめていたり、オッサン連中も竿モノは2〜3本程度に厳選する例が目立っていますね。
それが「夢がある」かは別として、浪費を防いで買い物依存症に一石を投じる効果はあると考えています。

筆者もこれから、余計なハード類を全て断捨離する予定です。
ジャンクギター(ピックアップ買い)と自作PCを攻略した今、買い物依存症克服に向けて外堀を埋めたようなもの…。
ついに、希望の光が見えてきましたね!

PCゲーム: 星界神話-夏休みイベント体験報告

こんにちは、豚ミンチ (id:Pork_Mince)です。
今回は筆者がプレイ中のPCゲーム、星界神話(ムーンラビット)の夏休みイベント(2021年)体験談になります。
年に1、2回有るか無いかの長丁場なだけに、気合いを入れて取り組んだ成果を披露しましょう。

目次

  1. はじめに
  2. 作業計画
    1. 平日用
    2. 休日用
  3. 目標設定
    1. 雲外蒼天の合成
    2. 職Lv上げ(ハンター/賢者)
    3. ホークアイ習得
  4. イベント前後の状態変化
  5. 今後の課題
    1. 職Lv上げ(全職)
    2. 星石の強化
    3. 星霊の収集と強化
    4. 逆鱗憤怒の習得
  6. おわりに

はじめに

今回の夏休みイベントは7/20〜9/07まで、1ヶ月を越える長期イベントとなっています。
その内容も、複数のイベントが同時にブチ込まれており、目玉と言えるのが、

この5つでしょう。
「真夏の氷」は報酬で(水着)星霊の書が無課金で手に入る可能性もあり、毎日消化すべき重要イベントと言えるでしょう。
イベント期間を通して、金策に重点を置きつつ、職Lv上げも並行して進める、非常にハードな内容になりました。


作業計画

とにかく「金策=命」の本作に置いて、インゴットBOXを獲得できるID消化だけは死守したいところ。
そして、8/17までは「真夏の氷」イベントも毎日消化する必要がある。
ムームー訓練場では通常、(高級)熟練EXPマークのみを使用し、少しでも獲得経験値を抑える(Lvが上がると熟練も目減りする)為、EXPマーク系は使用しません。
それでは、平日と休日に分けて作業計画を立ててみます。

平日用(目標=約1〜2時間)

平日の基本となるイベントの向き合い方です。
以下の項目は最優先で消化します。

  1. 星界モール(インゴットBOX交換)
  2. 異界・失われた遺跡(PT)
  3. 異界・蒼月の聖殿(PT)
  4. 異界・王家の宝物庫(PT)
  5. 異界・ニア神殿(PT)
  6. 異界・シャルール祭壇(PT)
  7. 惑いの滝(PT)
  8. 真夏の氷(7/20〜8/17)

まず、真夏の氷イベントの期間中は、15Gを追加して報酬BOXを少しでも多く獲得します。
勿論、金策も重要です。
ゴールドラッシュ中は、インゴット絡みのIDを消化する事で150G相当のインゴットに加え、ID周回分(全殺し前提)で20G程度が手に入ります。
宝箱も100個スタックしてNPC売りすれば、修理代を差し引いても黒字になります。
惑いの滝(PT)はレイラの書を狙いながら、秘技書の欠片を集める目的で周り、1周で20G以上稼げる点も見逃せません。

7/20〜9/7(実質9/6の深夜まで)で実働49日、1日平均170Gと見積もると、今回のイベントで8,330Gが手に入る計算になります。
獲得金額はインゴットBOXの運や、プレイ時間増等の努力次第で、更に伸びるでしょう。
また、職Lv上げの方も、

  1. ムームー訓練場(適合LvのノーマルとPT用、各4回)
  2. ダンジョンリセット券を貯めて、最大20回追加(PT用)

ムームー訓練場(適合LvのノーマルとPT用)は4回ずつ周れるハズ。
6:00のリセット前後で各2回、22:00のリセット前後で各2回、ダンジョンリセット券無しでも1日4回ずつ、です。
星界チケットは全てダンジョンリセット券に交換し、それを全てムームー訓練場のリセットに回します。
こっちはあくまで努力目標なので、時間が無ければ省略します。

休日用(目標=約2〜3時間)

休日やその前日などは、先述の平日用に加え、星霊の書狙いのID(惑いの滝PT)も2回以上周りたいところ。
また、ダンジョンリセット券を20枚一気に放出してムームー訓練場を周る作業も、時間と体力に余裕がある休日が良いと判断しました。


目標設定

現時点で最大の目標はストーリークエスト中の壁である「テンキョウ神古道(ノーマル)の攻略」ですが、今回のイベント期間での達成は無理なので、外堀を埋めるような小さな目標を設定しました。

雲外蒼天の合成

前回のゴールドラッシュイベントでユェトゥヘルム&アーマーを合成し、結果は散々だったものも、★5まで強化を終えました。
そして、今回の長期に及ぶゴールドラッシュで雲外蒼天(合成費用: 6,006G)を合成し、一気に★5まで強化する事を第一目標としました。
ここは無事、達成できました。

また、無〜微課金勢ではそれ以降の強化が困難ですが、超級装備強化の書は数年がかりで100個くらい貯めたので、全放出で強化。
雲外蒼天は+54まで強化できました。
前の武器(輪廻の力+50)から、攻撃力にして+10,000以上の増加です。

職Lv上げ(ハンター/賢者)

イベント突入時点の筆者のメインキャラで、職Lvを上限(2次職のLv80)まで上げ切ったのは、学者、ドラグーン、ギタリストの3職。
今回は貯め込んだダンジョンリセット券を放出し、テンキョウ神古道(ノーマル)投入予定のハンターを最優先で強化。
Lvが120を越え、すでにムームー訓練場(グール)で経験値の目減りが始まっているので、続いて狩り効率の悪い賢者を優先。
余裕があれば他も…と、当初は気楽に構えていました。

今回はハンターと賢者を上げ切り、最低限の目標は達成。
また、長期に渡るゴールドラッシュイベントの潤沢な資金で、全ての職業を2次職にする事ができました。

ホークアイ習得

英雄奥義は秘技書500枚、希望する職のモノを確実に入手する為には合成費用2,000Gと、多大なコストが掛かります。
その中でもハンターの英雄奥義「ホークアイ」は、テンキョウ神古道(ノーマル)は勿論、その後のアマノハクオウ神殿(ノーマル)でも有用とされるスキル。
2,000Gを投資する価値は十分あり、少しでも攻略の難易度を下げたい筆者としては必須だと判断しました。

秘技書に関しては、星霊の書狙いで周回する惑いの滝(PT)で(1周につき)最低5枚は手に入るし、星界チケットを消費する事でも入手できる。
合成の2,000Gはゴールドラッシュ期間のインゴットBOXから捻出。
無事、イベント期間中でのホークアイ習得を達成できました。


イベント前後の状態変化

イベント期間を通して、自キャラがどの程度変化したのか、結果報告になります。

イベント前 イベント後
キャラLv 121 122
職Lv(ハンター) (2次)77 (2次)80
職Lv(魔導士) (2次)24 (2次)76
職Lv(賢者) (2次)58 (2次)80
職Lv(剣豪) (2次)73 (2次)77
職Lv(ソードマスター) (1次)50 (2次)23
職Lv(レンジャー) (1次)50 (2次)65
職Lv(ロードナイト) (1次)53 (2次)4
職Lv(グラップラー) (1次)67 (2次)4
職Lv(アサシン) (1次)51 (2次)1
職Lv(ウォリアー) (1次)50 (2次)1
職Lv(シューター) (1次)50 (2次)1
所持金 424g/426s 208g/553s
銅インゴ 75 38
銀インゴ 2 2
金インゴ 0 0


今回は運良く、金インゴットを1個と銀インゴットを2個引いたので、当初の予定よりも予算を確保できました。
結果として、全ての職を2次職にする事ができた事もあり、最終的に全職Lv80を目指そうと考えるようになりました。
イベント期間中の経験値・熟練30%増量に加え、ムームー(グール、ノーマル/PT)の毎日4周は地味に大きく、ダンジョンリセット券の上限20の恩恵も勿論大きいですが、我ながら良くやったと思いますよ。

また、真夏の氷イベントで獲得した星霊の書は、以下の通りです。

星霊の書 報酬BOX NPC交換(確定)
小春(水着)の書 0 1
レイラ(水着)の書 1 0
凛(水着)の書 1 0


星霊の書が報酬BOXから出る確率は低い(1〜2%くらい?)ようです。
確定の交換でも、小春(水着)の書は他よりもコストが高いし、報酬BOXから出る確率はさらに低いかと…。
ちなみに今回は報酬BOXで小春(水着)の書を狙うのは無謀と判断し、交換用に100回BOXを開けた後は放棄しました。
追加のBOX(1個5G/1日最大3個)への投資は流石に痛かった…。


今後の課題

まず、テンキョウ神古道(ノーマル)の攻略に向けて、今後の目標として据えるのは以下の3つです。

  • 職Lv上げ(全職)。
  • 星石の強化。
  • 星霊ポイント780達成。

確かに、伸びしろは他にもありますが、目先の目標としては十分すぎる内容です。

卓上論ですが、テンキョウ神古道(ノーマル)攻略の目安として、スペック的には、

  • 攻撃: 400,000 以上。
  • 防御: 100,000 以上。
  • 職Lv: (2次)70以上。
  • 有効な耐性減少効果持ち。

が最低ラインと考えています。
実際のところ、防御は120,000くらいは欲しいだろうし。
まともな耐性減少効果を持たない脳筋火力職でゴリ押しするつもりなら、攻撃は500,000でも足りない気がする…。
勿論、現状でそこまでのスペックを実現するのは無理。
あとは精霊ポイントのボーナスと、星石の強化等で、どこまでステータスを伸ばせるか?という話です。

職Lv上げ(全職)

現在のLvが122という事もあり、熟練稼ぎ手段であるムームー訓練場のグール(ノーマル/PT)は、今後さらに経験/熟練の目減りが激しくなります。
最終的に全職上げ切る事が目標になりますが、Lv122、123が勝負だと思うので、優先順位を付けて取り組む必要がありますね(シューターとウオリャーは後回し)。
(アマノハクオウ神殿突破は無理なので)グールで経験値を稼げる間、どこまでやれるかです。

星石の強化

星石は現在、Lv122にしてはかなり貧弱な状態です。
Lv100未満の星石が多く、緑の星石は緑枠品どころか空欄も目立つ程です。
今後課金の予定が無い以上、この部分は最大の伸びしろと言えるのです。

とは言っても、金策がゴールドラッシュに依存する以上、頻繁に高価なモノは買えないので、まずはLv100前後の緑石(緑枠品)から狙っていこうと思います。
メイン職は名声商人産を検討するのもアリかな…。
勿論、オークションもログインする毎にチェックする予定です。

星霊の収集と強化

このイベント期間、オークションでスタージュエルを買い漁った結果、星霊ポイントは一つの長期的な目標だった660に到達しました。
今、手持ちの星霊を全て★3に上げると、次の段階の星霊ポイント780に王手が掛かるので、これからは金策と星霊の秘宝箱を狙えるIDを中心に周りたいと思います。
780ポイントはテンキョウ神古道(ノーマル)再挑戦の前に、何とか達成しようと思います。

今後、課金して星霊を入手する予定は無いですが、星霊ポイントはいくらでも底上げしたいところです。
ただ、IDで狙えるレイラ(惑いの滝PT)を入手した後は、自力での入手が難しい星霊ばかり。
幸い、ルーレット産の星霊の書や進化の鍵がオークションに流れる例があるので、こちらも金策次第と言う事になりますね…。

逆鱗憤怒の習得

レイラの書をあと2つ入手するまで惑いの滝(PT)を周る予定なので、その過程で手に入る秘技書の欠片の使い道です。
コレを習得すれば、ドラグーンの火力をさらに底上げできます。
もちろん、すぐにドラグーンを実戦投入する予定はないので、余裕があれば狙う〜程度の目標です。


おわりに

今回の夏休み大型企画、特にゴールドラッシュイベントで5つのIDを周るのは大変でした。
期間中、コレを毎日欠かさず行い、ムームー訓練場の周回や惑いの滝(PT) も加えたので、体力的にもかなり厳しいモノがある…。
無理をしないつもりが、自宅でぱそこんの前に座れる時間の大部分は、このイベントに注ぎ込んでしまった感じ。
多くの貴重な時間を無駄にしたと言う罪悪感もあるのですが、ここまで続けてきた以上、テンキョウ神古道(ノーマル)を攻略し、ストーリーを前に進めなくては…と思っています。

大型イベントをガッツリ消化した次の課題は、燃え尽き症候群にならず、いかにモチベーションを保つか…ですね。

自作PCは終わった、次はM1 Macを買おう…。

こんばんわ。
自作PCパーツ市場の今後を悲観し、次回以降の組み替え放棄を検討している豚ミンチ(id:Pork_Mince)です。
今回も支離滅裂な文章で書き殴っていきます。

目次

  1. はじめに
  2. 自作PCは金食い虫のゴミカスになった
    1. グラボが高騰し続けている
    2. intel vs AMD のCPU戦争は飽きた
    3. 2021年版ゲーミングPCを組むと…
  3. おわりに

はじめに

実は、筆者はもう1年以上PCパーツを買っていません。
買い物依存症が治った、と言う訳ではなく、興味と購入対象が他に移ったに過ぎないのですが。

さて、今回も買い物依存症自作PCネタ。
そんな話題も、この記事で最期にしたいと思います。


自作PCは金食い虫のゴミカスになった

筆者は現在使用しているマシン(2019年組立)が逝ったら、Windows自作PCを辞める事にしました。
その頃には、今プレイしているゲームも寿命を迎える(サービス終了)だろうし、新規で他タイトルに手を出そうとも思いません。
そして何より、精神的にも経済的にも疲弊し、自作PCを組みたいという衝動がおきなくなりました。
本当につまらない話ですが、その理由を考察してみます。

グラボが高騰し続けている

革ジャンのGeForce RTX3000シリーズ vs AMDRadeon RX6000シリーズの戦いが白熱するグラボ市場ですが、2020年後半から超品薄+価格爆上がり状態なのは周知の通り。
半導体の生産能力の低下もあるけど、マイニング需要と転売で大惨事になっているのです。
庶民にはもはや、ミドルグレードのグラボは雲の上の存在となり、エントリーグレードすら手を出せないようなレベルとなった。
この状況は長期化必至でしょう…。

intel vs AMD のCPU戦争は飽きた

AMD Ryzenの登場に対し、コア数/スレッド数を増強したintel 8世代の反撃で始まったこの戦争も、当初は切磋琢磨で高品質+低価格化を期待する声は多かったのですが…。
3世代Ryzenintelに大勝し、4世代でトドメを刺して天下を取ったAMDは強気な価格で殿様商売に転向…。

筆者は長い間、intelの10nmを待ち望んでいたのですが、そのAlder Lakeも史上最悪の爆熱爆消費電力になる可能性が高い。
AMDも爆熱爆消費電力の新型Ryzenで鎮圧に乗り出すだろうけど、空冷専門の筆者としては「もう終わりでいいや…」となりました。

2021年版ゲーミングPCを組むと…

もし今、自作PCを1から組んだらどれくらいになるか?
怖いモノ見たさで見積りをとって見ました。

パーツはAmazonで販売されている商品から選定し、価格は2021/09/03時点のものです。
ゲーミングPCとして現行の主要タイトルをストレスなくプレイできるスペックを有し、長期運用を前提に高耐久なパーツを選んでいます。

項目 パーツ例 価格
OS Windows 10 Home 17,352
CPU AMD Ryzen 5 5600X 39,555
CPUクーラー Noctua NH-U12A 13,700
グリス Thermal Grizzly Kryonaut (1g) 960
マザーボード ASUS ROG CROSSHAIR VIII DARK HERO 49,179
電源 Seasonic PRIME-TX-750 37,145
ケース Fractal Design Define 7 Compact Black TG 15,533
グラフィック ASUS ROG-STRIX-RX6700XT-O12G-GAMING 105,304
VGAサポート 長尾製作所 VGAサポートステイSマグネット式
SS-NVGASTAY-S
1,519
メモリ G.Skill Trident Z Neo
F4-3600C18D-32GTZN
25,951
SSD Samsung 980 PRO 1TB 39,211


合計: 345,409円。
エンスージアスト向けではないですが、コンシューマーのハイエンドではキヂガイレベルの価格ですね…。
価格面で間違いなく足を引っ張っているのはグラボですが、本体だけでこの価格はヤバいです。

グラボに関しては、現時点でBTOだと入手性が良い!安い!と推す人もいますが。
それ(BTO)はそれで、パートや学生が組んだような雑な仕上りのゴミを買う気にはならいしね…。

勿論、新規の人なら箱(本体)以外にも、周辺機器3点セットも必要なので、

項目 パーツ例 価格
モニター BenQ ZOWIE XL2411K 26,820
キーボード ARCHISS ProgresTouch TKL(青軸) 10,273
マウス BenQ ZOWIE S2 8,800


合計: 45,893円。

実用的なグレードで選ぶとこんな感じです。
マウスパッドやモニターアームなんかも追加すると、総額400,000円オーバーが見えてきます…。
ハッキリ言って、ゲームをやらないならAppleストアでカスタマイズしたM1 Macを買った方が良いですな…。


おわりに

近年の話題として、最も衝撃的だったのがM1 Macの登場でした。
現在に至ってもサードパーティ製(ソフト/ハード)対応が追いつかず、併用しているユーザーが悲鳴を上げていますが。
何よりAppleintelを見限り、今後intel製CPUを搭載したMacが無くなる、という事実に驚きました。

筆者も当初、M1 Macについては否定的な見方をしていましたが、Windows対応DAWでLogic Proに変わるモノは無い。
自作を続けるにも、intelの衰退、AMDの傲慢、グラボは超絶高騰、未来は無い。
やっと自作PCを見限り、M1 Macを肯定的に受け止める事ができるようになりました。

筆者手持ちの2019年製intel Macは、あと5年は使い続けるつもりです。
それまでに年5〜6万円ずつ、浪費を抑えて貯金する。
20代前半の、買い物依存症を発症する前の金銭感覚を取り戻せそうな気がするのです。
ついに、この病気との戦いにも、希望が見えてきました。
買い物依存症を必ず克服し、アフターコロナ後の明るい未来へ進みたいです。

ギタースタンド: OHASHI G450N

こんばんわ。
最近は買ったモノを即座に断捨離してしまい、ネタ探しに困っている豚ミンチ(id:Pork_Mince) です。
今回の主役はギタースタンドです。

目次

  1. はじめに
  2. ギタースタンドの価値
  3. 筆者のギタースタンド変遷
    1. ULTIMATE GS-100
    2. ULTIMATE GS-1000
    3. HERCULES GS412B
    4. OHASHI G450N
  4. おわりに

はじめに

自分でも分かっているのですが、モノを買うのも手放すのも衝動的。
即断即決の数時間後は常に後悔と罪悪感…。
それでも同じ事を繰り返す、買い物依存症患者とは一種の精神病質者であります…。
筆者の場合はコレクター型や老害型(見栄張り型)、ストレス発散型などのスタンダードな買い物依存症とは異なり、常に「好奇心+ギャンブル性」を伴う厄介な症例と言えるでしょう。

さて、今回のテーマであるギタースタンドですが、例の如く短期間で何度も買い替えているのですよ…。
そんな中で、OHASI G450Nは購入から3年以上、壊れる事も手放す事もなく、筆者の魔界部屋の風景と化している数少ない機材でもあります。
この際なので、筆者が過去に購入した他社製スタンドの所感や、OHASI G450Nの魅力を紹介しようと思いました。


ギタースタンドの価値

ギター(もしくはベース)は単体で直立する事が出来ず、実に保管に困る楽器です。
しかし、湿度調整剤と共にケースに入れて保管すれば安全そうに思えますが、出し入れの手間が触る機会を奪ってしまう。
最近では個人宅でも楽器店同様、ギターハンガーによる壁掛けが増えていますが、ギターをそのハンガーごと持ち運ぶ事はできません。
また、竿モノを複数本所有する場合に利用される3本掛け、5本掛け等の据え置き型スタンドも、気軽に持ち運べるモノではありません。

ギターを倒さないように置き、いつでも手に取れるよう位置を移動する事ができる。
これこそ、今回取り上げる1本掛けの三脚型ギタースタンドが「廃れはしても滅びない理由」だと考えています。


筆者のギタースタンド変遷

筆者は長い間ギタースタンドに関しては無頓着で、所謂入門セット付属品系の掛け置き型スタンドを使っていました。
具体的には、このようなタイプのスタンドですね。
しかし、インターネットが普及し始め、ぱそこんと対峙する度に情報の洪水に晒されるようになると、買い物依存症の病状なのか、もっと上のグレードのスタンドを買いたくなった訳です。
以下は、前述の掛け置き型スタンド以降、筆者が買い変えたギタースタンドの変遷になります。

ULTIMATE GS-100

ULTIMATE GS-100は、現在は販売されていませんが、筆者が初めて購入した1,000円越えのスタンドです。
入門セットにオマケで付いてくるタイプの掛け置き型スタンドより安定感が無く、コスパ最悪のガラクタでした。

ULTIMATEのギタースタンドは、総じてチープで脆いです。
パイプもペラペラだし、3脚のロック機構も貧弱です。
こんなゴミを買うくらいなら、掛け置き型の安いヤツで十分でした。

ULTIMATE GS-1000

ULTIMATE GS-1000は、ギタースタンドとしては酷評が多い一方、ダイソンスタンドとして評価が高い製品であり、現在は生産終了品です。
後継のULTIMATE GS-1000PROは改悪が進み、現行のギタースタンドでは最高峰のゴミカスとして有名です。
筆者は2個購入(1本は掃除機用)し、半年も使用せずに廃棄しています。

まぁ、要するに、前述のGS-100にハーキュレスのパクリみたいなロック機構が付いたタイプで、根本的な部分は同じです。
後継のGS-1000PROとの違いはハンガー部の形状で、1000の方はV字型で多様なネック幅に対応…らしいのですが、片側アゴ無しヘッド+細身のネック(テレキャスターコンコルドヘッド等)だと落下が多いのですよ…。
筆者も一度やらかしていて、ヘッド部分の塗装にダメージが出ました。
やはりGibsonみたいな3:3の左右対称系か、ダイソンの掃除機以外はダメっぽいですな…。

そして、新型の1000PROの方はハンガー部が特殊な形になり、凹凸が付いてギターにキズが付きやすいと評判(苦笑)です。
ヒンジ部やロック機構の脆さにも磨きがかかり、愛機をこのスタンドに委ねる事は虐待に近いと言うレベルのクソスタンドです。

HERCULES GS412B

ハーキュレスは中華製で最も人気のあるスタンド・ブランドで、業界随一のラインナップを誇ります。
ギタースタンドも豊富ですが、筆者が購入したGS412Bはそろそろ在庫が尽きた頃だし、後継品はGS412B Plusです。
ネック上部をクランプし、バックレストでボディを支えるという基本的な部分は同じですが、新型は高さ調整用のグリップ部に改良が加えられています。

ハーキュレスのスタンドと言えば、所謂「吊りもたれ式+ロック機構」の代名詞とされ、価格相応の剛性も評価されており、このタイプでは最も使用人口が多いのです。
しかし、同社のスタンドは高さを調整するグリップが加水分解で破損し、ギターごと落下する事故が多発した事はあまりに有名。
樹脂がベタベタしたら死亡フラグ、らしく、該当の旧型は代理店のモリダイラ楽器が交換に応じていましたね…。
新型の〜Plusの方は前述の弱点が改善されたそうですが、こっちは買っていないので詳細は不明です。
この高さ調整グリップの弱点さえ克服できれば、3脚型の1本掛けスタンドでは最も耐震性が高いと思われます。

本機を含むハーキュレスの吊りもたれ型スタンドは、掛け置き型並みにネックが反りやすいという噂が絶えません。
筆者はむしろ、ネックへの悪影響はハーキュレスの方が悪いと思ったくらいです。
知人はベースにGS412Bを使用しており、バックレストをネックセットプレートの位置に合わせれば問題ない、と言っていますが…。

他にも、ネックの保持部はやはり、左右対称ヘッドやダイソン向けかな?と思います。
Floyd Roseのテンションバー付きヘッドや、テレキャスター系の片側アゴ無しヘッドはかなり収まりが悪い感じです。

OHASHI G450N

最後を飾るのは、筆者が現在愛用しているOHASHI G450Nです。
百聞は一見にしかず、このスタンドの特徴は以下の写真をご覧ください。

f:id:Pork_Mince:20210814185114j:plain
ギターを垂直に近い状態で吊れるスタンド、OHASHI GS450N。

シンプルな構造ながら、洗練された機構、主張しない外観、そして Made in Japan。
今でこそ5,000円を越えますが、流石にハイエンド相応の完成度/満足度ですね。
それでは、このスタンドについて詳しく見ていきましょう。

G450Nの特徴

まず、本体は金属製(ダイヤル等は樹脂)で垂直。
脚は三脚タイプで脚の長さは3本とも同じ、開閉角度は均等で、ドラムセットなどに見られるような頑丈な構造。
また、脚の1本をギターのボディ真下にくるように配置して支える設計のようです。
ハンガー部は折り畳み状態から約270度回転して止まり、落下防止の為若干の傾斜が付いている。
ハンガー自体の保持機構は、2本の平行棒+回転により、左右非対称ヘッド(片側アゴ無しを含む)にも対応できます。
また、バックレストを備えているものの、本体との接触を防止する目的のサポートと考えられる、ギターは鯖折り状態にはならず、重心は真下に落ちます。

これらの特徴により、完全に垂直とはいかない(工夫次第で可能?)ものの、限りなく「壁掛け」に近い状態で保持できるスタンドです。
そして、スタンド自体は大部分が楽器の陰に隠れて主張せず、主役を引き立てる佇まいも国産らしいと言えるかもしれません。

弱点と対策

GS450Nは優れたスタンドですが、当然ながら弱点もあります。
価格の高さ以外では、

  • 各部品の位置決め、固定が少し面倒くさい。
  • 本体の高さ調整部分が樹脂製で頼りない。
  • バックレストとハンガー部の滑り止めはラッカー非対応。
  • ハーキュレス等と比較して、横揺れに弱い。


こんなところでしょう。
本体部品の位置決め調整は慣れるしかないし、高さ調整のネジはバカ締めせず、適度な加減を覚える必要があります。
ギターで言うところの、Floyd Roseの弦交換みたいなモノです。

ちなみに筆者は、

  • 3脚の開閉具合は全開の一歩手前。
  • ギターは3脚の脚に触れない限界まで低く。
  • バックレストはボディに隠れる状態で最も低い位置。


という状態で調整しており、先に挙げた弱点対策として、

  • ハンガーとバックレストに椅子脚ソックス(ダイソー)を装着。
  • 本体下部にヘアゴムを取り付け、ギターのストラップピンを固定。


と言った方法を採用しています(参考までに)。

f:id:Pork_Mince:20210814185216j:plain
椅子脚ソックス(ダイソー)による養生と、ヘアゴムでの横揺れ対策。

GS450Nの場合、市販のスタンドブラなどは収まりが悪く、ハンガー部の養生にピッタリだったのが椅子脚ソックス(ダイソー)でした。
緩んだ場合は後方を安全ピンで留めたり(ハンガー部)、高価なモノでは無いので買い替えても良いでしょう。

また、本品は三脚の1本が前に配置され、回転するハンガーでギターを吊る構造上、横揺れ(振り子状になる)への弱さは度々指摘されていました。
そして前述のように、塗装に配慮してバックレストやハンガー部を養生するとグリップ力は更に低下します。
ここでの筆者の対策はヘアゴムで、輪っか状にして下部に取り付け、楽器のボディ下のストラップピンに(多少キツめで)引っ掛ける方法を採用しています。
これで横揺れは大きく改善し、震度5弱では何事も無かったかのように立っていました。
この方法は外観への影響は小さく、費用対効果抜群なのでオススメです。


おわりに

今、改めて周りを見渡しても、ギターの保管は壁掛けが主流、複数持ちは3本掛け5本掛け等の省スペースなタイプ。
でも、筆者は依然、1本掛けの三脚タイプを使い続けている…。
気軽に掛け戻しでき、移動も容易なのが好きなのかもしれない…。

そして、OHASHIのGS450Nは素晴らしいスタンドです。
ハーキュレスに押されていますが、もっと注目されて然るべきだと思うのですが?
時代の流れには逆らえないか…。

手相診断: 悪相ラッシュでした(泣)。

こんにちは、下等生物の豚ミンチ (id:Pork_Mince)です。
今回は自分の手相を自己診断してみました。
やはり、と言うか、自分でも分かるくらい悪相だらけでした。
まぁ、悪相は「これから起こる危機の警告」、「自分の改善点が分かる!」と、前向きに捉えれば良いのかな…。

目次

  1. はじめに
  2. 筆者の手相
    1. 左手
    2. 右手
  3. おわりに

はじめに

日本人は総じて、占いや診断モノが好きである…。
自分を高める為に、自分が何者なのか知りたい。
占いや診断を通して、背中を押してくれるアドバイスが欲しい。
要は、自分に自信が無い人間が多い、って事なのかな…。

そんな訳で、今回筆者がやってみたのは手相診断。
他の血液型診断やうさ脳診断みたいなヤツと違い、統計学的な意味合いが強いだけに、当たっていると感じる人も多いようです。
ただ、正確な診断には専門知識が必要な為、ネットを漁った程度の素人の自己診断は娯楽レベルで信用できない、それは百も承知。
もし、読者諸氏で詳しい方が居たら、間違っている部分を指摘して頂きたいですね。


筆者の手相

筆者の手相は、4大線が比較的分かりやすいものの、全体的にシワが多く「初心者が詳細に鑑定するのは難しい」部類だと思います。
まぁ、ほぼ障害線と言われる横線が多く、ストレス耐性が低い(メンタルが脆い)人間だと言う事も、何となく納得…。
第一火星丘の発達は攻撃性と衝動性の高さを表すので、買い物依存症患者の筆者らしい、とも言える。
とにかく、悪相が多い事もありますが、悪い意味でも当たっている部分が多いかな、と。

左手

左手は、生まれつき持った性格を見るようです。
筆者はシワが多く、やはり何に該当するのか分からない線が多数です。
手自体が薄いですが、第一火星丘が他の丘よりも発達している感じです。
人差し指より薬指の方が長く、手の形は大別すると四角型、親指以外の爪は縦長です。

f:id:Pork_Mince:20210801102041j:plain
左手の全体像。

生命線

まず、運命線から見ていきます。

  • 長さも濃さも普通、頭脳線と接している部分に乱れがある。
  • 人差し指と中指の間くらいで一度、途切れている。
  • 努力線(細かく薄い)らしきモノが散見される。
  • 生命線の内側に並行気味の線がある(火星線?)。
  • 親指側から出る複数の障害線に遮られている。

実際、どこにでもあるような曲線の生命線です。
頭脳線と接する部分の乱れ(鎖状)は、〜20歳くらいまで病弱+知恵遅れ、らしいですね…。
確かに、学校の勉強は苦手で、成績は下の下でした。

また、生命線の内側に並行するような線がありますが、それが二重生命線なのか、火星線なのか分かりません。
前述の線ならいずれも吉相らしいですが、非常に目立つ複数の障害線で生命線ごとブった斬られているので、間違いなく悪相でしょう。
日々、体調が悪いのも頷けます…。

頭脳線

次に、頭脳線です。

  • 生命線と接する部分に乱れがある。
  • 出所は若干、人差し指の付け根寄り。
  • 濃さは普通、平均より長め。
  • 角度はやや下がり気味、先端が小さく分かれ、片方は上向きにハネ上がる。
  • 終点付近に(薄い線を含めて)五芒星が形成されている。

頭脳線は平均より長めなので、慎重型。
先端の二股は優柔不断。
片方ですが、先端が小指方向に跳ねるのは、金銭感覚が発達している?って全然当たってないですね。
最後の五芒星については、特殊紋の項で取り上げます。

運命線

次に、運命線です。

  • 濃さは普通、蛇行気味。
  • 掌の真ん中で、障害線によって一度切れる。
  • 障害線が複数あり、感情線の島ともぶつかる。

やや蛇行気味で障害線が多く、波乱万丈な感じがします。
特に、掌の中央付近で障害線に切断されているのは、家庭環境の悪化と過度のストレスで仕事をやめた時の出来事かな?
留年法で35歳くらい、ってのも当たっています。

そして、感情線の島とぶつかる大悪相。
ここで運命線が止まる場合は「自殺の相」という最悪な部類の相らしいです。
確かに、2019年なんかは自殺する事ばかり考えていたので、もしかしたら?って感じ。
でも、2021年現在も自殺を思い止まって生きている…。
運命線が島の先に伸びているのはその為か…。
いや、留年法でいったら、もう少しの未来、似たような状況に陥るという事なのか…。

感情線

続いて、感情線です。

  • 濃さは普通、長めで終点は人差し指に向かう。
  • 始点付近が鎖状、中指の下付近に島がある。
  • 複数の障害線、下向きの支線がある。

感情線が人差し指の下まで長く伸びる場合、執着心が強く、人間に対しては束縛型らしいです。
そして蛇行気味、運命線とぶつかる位置にハッキリした島、始点付近が鎖状…と、不安定で歪んだ精神の持ち主、という事になりますね。
下向きの支線や障害線も複数あり、分かりやすい悪相と言えるのかも。

確かに、2019年までの底辺社蓄時代よりはマシでも、今でも気分が沈み込んで自殺を考え事るがある。
感情の起伏が激しく、時々危険な思想に傾倒する事もある…。
この醜い感情線を見ていると、やはり自分が精神病質者なんだな、って納得。

太陽線、財運線、結婚線、他

4大線以外の主要線は以下の通りです。

  • 太陽線、短いモノが1本(たぶん)。
  • 財運線は短いモノが4本(散財の相)。
  • 結婚線は短いモノが3本。
  • 4大線に匹敵する程濃い健康線(不健康線)。

太陽線は薄く短いので、正式に認定されるかどうかは不明。
あると思って前向きに過ごせれば良い方向に向かうのか…。
そして、買い物依存症患者らしい「散財の相」もありました(複数の短い財運線)。
あとは4大線に匹敵するほど深く長い健康線(強く出ている程不健康らしい)、これはマッサージとかで消えるレベルではないですな…。

特殊紋

最後に特殊紋です。
五芒星と聖職紋があるのは、左手のみです。

  • 頭脳線の終点付近に五芒星。
  • 親指に仏眼相。
  • 人差し指下に聖職紋らしきモノあり。

まず、頭脳線の終点付近にある五芒星。
これも、手のシワが多い人であれば出やすく、そこまで珍しくはないそうだし、出る位置によって意味が違うのだとか…。
以前、確か個人ブログで「宝くじに当たる幸運の相」とか言ってる人がいましたが、それは水星丘(小指の下)に出ている場合らしいです。
土星丘(中指の下)の場合は「努力が報われない悪相」なんだとか…。

また、努力次第で成功を掴む吉相(何もしなければタダのシワ)とも言われ、頭脳線上に出ているので「仕事の成功」に繋がる可能性がある…という事かな。
一方で、人の道に外れる事は勿論、傲慢になったり、堕落した生活を送ると、一気に凶相になり得る、諸刃の剣みたいな手相ですね…。
少なくとも、現在の筆者には悪相に思える。
この星が出ている人はほぼ、人生に陰があると言われるのは、その為でしょうね…。

f:id:Pork_Mince:20210801102119j:plain
頭脳線上に五芒星。

他には、珍しいモノ(2人に1人は持っているレベル)ではないけど、仏眼相があります。
はてなブログの言葉の解説「手相」の項では、内心で葛藤を繰り広げる相、らしい。
先祖に見守られている吉相の部類、との意見もありますね…。

そして聖職紋(人差し指下の「井」)。
良く言えば「ボランティア線」、悪く言えば「自己犠牲の相」なんだとか…。
この相がある人は、損得勘定が下手で金儲けの才に恵まれない例が多い気がする。
横線(障害線)が2本も入っているんだから、たぶん悪相だよね…。

f:id:Pork_Mince:20210802204113j:plain
人差し指下の聖職紋と、親指の仏眼。

右手

右手は、現在と未来を見るようです。
筆者は指を組んだ際、右手の親指が下に来るので、もしかすると右手側が先天性かしれないですが…。
一応、右利きなので定石通り見ていきましょう。

左手とはけっこう違いがあるものの、同様にシワが多く、やはり何に該当するのか分からない線が多数です。
こちらも手自体が薄く、第一火星丘が他の丘より発達しています。
人差し指と薬指の長さは同じくらい、手の形は大別すると四角型、親指以外の爪は縦長です。
一応、生命線、頭脳線、運命線、感情線でM字になっています。

f:id:Pork_Mince:20210801102301j:plain
右手の全体像。

生命線

まずは、生命線から。

  • 長さも濃さも普通、頭脳線と接している部分に乱れがある。
  • 独創線(生命線と頭脳線を繋ぐ同等の濃さの線)がある。
  • 生命線の内側に並行気味の線がある(火星線?)。
  • 親指側から出る複数の障害線に遮られている。

形は左手と似ており、右手の方はハッキリ、終点がやや親指寄り、そして独創線が出ています。
確かに、筆者は社蓄などの縦社会に向いていない…。

他には、始点から頭脳線と接する部分は鎖状、火星線の有無や複数の障害線の存在も共通です。
生命体としての根幹は、後天的に何も変わっていない、と言う事でしょう。
確かに良くはないけど、島とかバツ印が無いだけマシだと思わなくては…。

頭脳線

次に頭脳線、コレは左手と少し違う。

  • 生命線と接する部分に乱れがある。
  • 出所は若干、人差し指の付け根寄り。
  • 濃さは普通、長さも普通。
  • 角度は左手のモノより下がり気味、先端が小さく分かれる。

まず、単純な二股なので優柔不断。
他はどこにでもありそうな、普通の頭脳線です。
生命線と接する部分が乱れているので、やはり若年期の病弱+知能発達障害
はい、筆者は今でも中学生レベルの算数で撃沈します…。

運命線

次に運命線、コレは左手と大きく違う。

  • 濃さは普通、2本ある。
  • 1本は掌の真ん中で一度切れる。
  • 障害線が複数ある。

まず、手首付近から頭脳線まで伸びた一直線が1つ。
中央付近で頭脳線と感情線を貫く直線が1つ。
他に、頭脳線と感情線を繋ぐ短い曲線や、感情線付近で中指に向かう薄い線もあり、コレらが運命線に該当するかどうか不明。
右手は後天的、現在を表すそうですが、仕事が変わったりしているし、複数の中途半端な運命を持っているって事でしょうか…。

感情線

続いて感情線、コレも左手と違う部分があります。

  • 濃さは普通、終点は人差し指と中指の間に向かう。
  • 中指の下付近で二股に分かれる。
  • 始点付近が鎖状。
  • 複数の障害線、下向きの支線がある。

まず、太い部分は人差し指と中指の間に入るので、好き嫌いの極端な性格らしいです。
確かに、気に入ったモノは猛烈に推す反面、些細な事(メーカーの対応不備等)で反感を懐くと、容赦なく皆殺し断捨離、そんな事が何度もありました。
あと、商品レビューなんかも、★5のベタ褒めor★1のボロ叩き、というパターンが多い…、これは当たってる。

また、二股の一方(薄い方)が下がり気味なので、二面性のある不安定な人間らしい。
障害線や下向きの支線も多いので、歪んだ精神状態をより強調しているのかな?と。
まぁ、目立つ島が無いだけ、左手よりマシだと思わなくては。

太陽線、財運線、結婚線、他

次に4大線以外の主要線、右手は内容がより悪いですね…。

  • 太陽線、薄いが2〜3本あり、そのうち1本にバツ印(明確な悪相)。
  • 財運線は細く短いモノが6〜7本(散財の相)。
  • 結婚線は短いモノが2本。
  • 4大線に匹敵する程濃い健康線(不健康線)。

太陽線は薄いですが、終点付近でバツ印があります。
社会的地位の失墜や、幸運が逃げる凶相らしいです。
薄いから太陽線じゃなかった!とかだと良いのですが…。

f:id:Pork_Mince:20210802231828j:plain
太陽線のバツ印と、ハッキリしない神秘十字。

そして、財運線は左手よりも多く、後天的により強化された散財の相。
深く明瞭な健康線(ハッキリしている程不健康)といった悪相も左手と共通です。

特殊紋

右手の特殊紋は少ないです。

  • 親指に仏眼相。
  • 運命線と薄い横線で神秘十字。
  • 掌のM字。

まぁ、どれも多くの人が持っていて、全く珍しくないモノです。
M字は4大線があって、離れ型(生命線と頭脳線の始点が離れる)やマスカケ持ちでもない限り、誰でも持っている相です。
吉相とかじゃなくて、凡人の相ってヤツですな。
また、神秘十字は横線(特に左側)が薄いので、効果は限りなく薄いでしょう。


おわりに

掌のシワごときで一喜一憂する、今回のネタはいかがだったでしょうか?
筆者も自分の手相を鑑定してみて、あまりの悪相の多さにガッカリしています。
スピリチュアルを少し齧ったような知人からも、「お前の手相、サイコパスっぽいなw」とか、「性犯罪者やシリアルキラーに多い手相だぞw」とか、ボロクソに言われています。
まぁ、表向きは「手相なんかタダのシワ、気にしない!」とは言ってるけど、自分の場合は本当に悪いんだろうな…。

最後に、自分でも悪相だらけな為か、「島や障害線を手術で消せる」と言うネタを聞いて興味を持ったけど、そんな自分がやっぱりクズ人間なんだと自己嫌悪に陥った…。
まぁ、手術してまで覇王線が欲しいとか思わないけど、メンタルの弱い日本人をカモにした悪相除去や吉相獲得の手相手術ビジネスが流行るかもしれない…。
そう考えると、何百年も前に天下取りの執念から刀で手相を変えた豊臣秀吉サンは凄いと思いますね…。

DTM: 憧れの機材ランキング(モニター関連)

こんばんわ。
カネも時間も無いけど、物欲だけは衰えない買い物依存症患者の豚ミンチ(id:Pork_Mince) です。
今回は筆者を含む、周囲のDTM趣味層の意見を参考に、憧れの機材(モニター関連)のランキングを作成してみました。
こういうの楽しいよね、実際に買えなくても、妄想するだけなら無料なんだから…。

目次

  1. はじめに
  2. 憧れのオーディオインターフェース5選
    1. 1位: RME Babyface Pro FS
    2. 2位: Apogee Duet 3
    3. 3位: Audient iD14mkII
    4. 4位: IK Multimedia AXE I/O Solo
    5. 5位: MOTU M2
  3. 憧れのモニタースピーカー5選
    1. 1位: Genelec 8010a
    2. 2位: ADAM Audio A3X
    3. 3位: FOCAL Shape 40
    4. 4位: EVE Audio SC204
    5. 5位: IK Multimedia iLoud MTM
  4. 憧れのヘッドホン5選
    1. 1位: SONY MDR-M1ST
    2. 2位: beyerdynamic DT 1770 PRO
    3. 3位: YAMAHA HPH-MT8
    4. 4位: FOCAL Listen Professional
    5. 5位: audio-technica ATH-M60x
  5. おわりに

はじめに

DTM機材でも特に注目度が高いのは、中核となるDAW、金額の大きなぱそこん本体だと思います。
今回は趣向を変え、DTM趣味層の予算配分で優先順位が低く、選ぶ事が難しいモニター関連の機材に焦点を当てます。
内容としては、素人の視点で、オーディオインターフェース、モニタースピーカー、ヘッドホンの各項目で憧れの機材ランキングを作ってみる、というもの。
ある程度予算の上限や条件を設けていますが、あくまで素人の卓上論(使った事が無い)と割り切ってお楽しみ下さい。


憧れのオーディオインターフェース5選

オーディオインターフェースとは、ぱそこんにギターやマイクを接続して入力を可能にしたり、スピーカーやヘッドホンを繋いだりする機材です。
難しい事はよく分からんですが、デジタルとアナログ変換するとか、レイテンシー(遅延)を改善したり、音質の向上に効果があるのだとか。

個人的には、竿モノ(ギター/ベース)やマイク(音声)を使わないなら、無理をして買う必要無いと思いますが…。
今回はあくまで夢の話なので、以下の条件でランキングを作成してみます。

  • 10万円以下(例外あり)。
  • 卓上型(小型)。
  • USBバスパワー駆動
  • Windows/Mac両対応。

一応、M1 Mac対応とか、故Windows Vistは除外します。
また、サンプルレートは流通量が多い 24bit/192kHzの製品を主体に選んでみました。
それから、(一般家庭のコンセント事情を考慮して)USBバスパワー駆動という厳しい条件を課したので、Universal Audio社のApolloシリーズを筆頭に、多くのハイエンド機が除外されている点はご了承下さい。
また、先述の条件を満たすものの、発売直後から地雷と化したAntelope AudioのZen Goも除外です。

1位: RME Babyface Pro FS

説明不要、泣く子も黙るRMEの1番小さいモデルです。
現在10万円以内で買うのは厳しいですが、宅録オーディオインターフェースの絶対的な頂点である点を考慮。
間違いなく、USBバスパワー駆動で本機に勝てる製品は、現時点で存在しません。
5,000円オーバーならポイント等を駆使して射程に入らないでもない、と金額的に無理を通したものの、堂々の1位です。

一般に「硬い音質」と言われるだけあり、購入社の個人ブログで録音した方のサンプルを漁りましたが、そのクリアさは圧倒的だと思います。
ドライバの安定度やサポートの手厚さ、リセールバリューの高さなども王者たる証でしょう。
でも、趣味で使うオモチャに100,000円は、客観的に見てキヂガイレベル…。
でも、RMEは別格だし、持っているだけで羨望の眼差しを集められるので、承認要求に飢えた人にもオススメ。
まぁ、間違いの無い製品だろうけど、こんな買い物が家人にバレた日にはブッ殺されそうで怖いです。

2位: Apogee Duet 3

ApogeeApple製品を彷彿させるデザイン性の高さから、特にMacユーザーから支持が厚い高級ブランドです。
また、同社製品はApple製品と親和性が高い事でも定評がありますね。
Duet 3は(本記事執筆時点で)発売前ですが、USBバスパワー駆動のコンパクトモデルとしてRME Babyface Pro FSの対抗馬になり得る期待感。
所有欲を満たしてくれそうな美しい外観を評価しました。
素人レベルではやはり、モチベーションや愛着は大事!

価格面ですが、Duet 3は本体のみで77,000円と非常に高価。
そして、ブレイクアウトケーブルが嫌な場合は、別売りのDuet Dock(22,000円)が必要になるので、100,000円の大台が見えてくるヤバさがあります…。

3位: Audient iD14mkII

英国メーカーAudient の iDシリーズは、前世代でも(エントリークラス比較で)ワンランク上音質、コスパの良さで人気を博したオーディオインターフェースです。
iD14→iD14mkIIのリニューアルで、USB Type-C(USB3.0)へ変更と完全バスパワー駆動化、ヘッドホン端子の変更(標準ジャックとミニジャック併設)など、より使い勝手が良い仕様に進化してます。

おそらく、2021年7月現在、50,000円以下で買える最も人気のオーディオインターフェースかな?と。
筆者はそこまで入出力は必要ないので、iD4mkIIの方で十分ですが…。

4位: IK Multimedia AXE I/O Solo

本機はアンプシュミレーターの雄であるIK Multimedia(以下IK)が、ギターの宅録に特化したオーディオインターフェースとして売り出した変わり種。
リアンプ作業を容易にするアンプアウト、アクティブorパッシブに合わせて最適なサウンドが得られるピックアップセレクター、入力インピーダンスを調整するZ-TONE回路、と言った独自機能で宅録ギタリストのハートを鷲掴みにしたようです。
そして、よりコンパクトなSoloの方は、USBバスパワー駆動。
30,000円代でAmplitubeもついて来るので、ソフトウェア資源に乏しい初心者が飛びつくのも納得の内容です。

正直、ギターの録りの音質で選ぶなら、より安価なSSL2(Solid State Logic)という選択肢も捨てがたかったです。
でも、SSL2はダサくてインテリア映えしない点(モチベーションが下がる)や、AXE/IOシリーズの尖ったコンセプトに惹かれ、こちらをランクインさせました。

5位: MOTU M2

MOTUと言えば、老舗DAWのDPや、業務用オーディオインターフェースで知られる米国の会社です。
そのオーディオインターフェースも、エンジニアが好みそうなゴツい外観や、結構なお値段もあって、一般層が手を出しにくかったのは事実。
そんな中、機能をシンプルに絞って価格を抑え、USBバスパワー駆動の民生モデルとして登場したM2/M4は瞬く間に話題沸騰!
発売以降、入荷待ちが続いて入手困難な人気商品となっています…。

はい、筆者も数ヶ月待ちの予約でM2を買いました。
2万円代(購入当時)でもMade in USA、本体に電源スイッチ有り、音も1万円代のエントリークラスよりクリアで良い。
流石のコスパに満足していますが、やはり入手性の悪さは当分解消しないでしょうね…。


憧れのモニタースピーカー5選

モニタースピーカーは、最重要な機材と語るプロが多い一方、DTM趣味層の買い物としては最も優先順位の低い機材でもあります。
DTM趣味層の場合、良くて6〜8畳の部屋(防音無し)、出せる音量の上限はテレビと同等まで、という住宅事情がある。
当然、プロのスタジオにあるようなデカぃスピーカーは要らないし、小さくても夜間は使えないから、相対的にヘッドホンの優先度が高くなる…。
以上の理由から、モニタースピーカーはDTMにおける最後の買い物と言えるのです。

そして、モニタースピーカーが厄介な買い物と言われるのは、種類の多さと価格の幅の大きさに加え、初心者にとって音の善し悪しの判断が難しい事があげられるでしょう。
筆者も実際に、安価なモノを買っては廃棄して〜を繰り返しているので、最初から後述のようなモデルを買った方が損失は少ないと思いますね…。

さて、今回は日本の住宅事情に配慮し、

  • 3〜4インチクラスのニアフィールドスピーカー。
  • アクティブスピーカー(アンプ内蔵)である事。
  • ペアで100,000円以内。
  • サイズは一般的なYamaha MSP5程度まで容認。

と言う条件でランク付けしてみました。
一応、サイズのコンパクト化に傾倒しなかった理由は、筆者の大きな失敗から…。
デスクトップ据え置き前提で、IK Multimedia iLoud Micro MonitorやEVE Audio SC203のようなモデルは選ぶ利点が無い、と判断しました。
今回紹介するスピーカーは、確かに回り道しないと言っても、いずれも購入に踏み切る際は勇気の要る価格のモノばかりです…。

1位: Genelec 8010a

Genelecフィンランドのプロ仕様スピーカーで有名な会社で、本機は同社の現行品で唯一の(ペアで)10万円切り。
誰もが憧れるブランド力、プロが認める正確な出音、6畳部屋にも置けそうなサイズ感とモチベーションの上がるルックス。
DTM趣味層がいつか買いたいスピーカーと言う点で、疑う余地の無い1位だと思います。

ただ、本機は本体にボリュームが無いので、ぱそこんやオーディオインターフェースなど外部の機材で音量をコントロールする必要がある事。
接続はXLR端子のみで、差し込む際は下向きになる事。
この辺りは検討事項として押さえておくべきかもしれません。

2位: ADAM Audio A3X

ADAM Audioはドイツ(ベルリン)の会社で、やはりプロ向けの高額なスピーカーで有名です。
DTM趣味層にとっては、Genelecと並んで憧れのブランドの1つに数えられますね。
AXシリーズはフラッグシップでは無いものの、最小モデルのA3Xでさえ手を出しにくい価格であり、音質も同社廉価版のT5VやYamaha HS5あたりを遥かに凌ぐ〜、らしいです…。

本機は同社最小と言っても4.5インチだし、低域も十分との事です。
確かに、インテリア性の高いGenelec 8010aに比べ、如何にも機材感が漂う無骨な外観は、賛否が分かれるかもしれません。
ただ、電源とボリュームが前面にあって操作性が良い事。
バスレフがケツに無いので、壁との距離を詰められる事。
これらの魅力的な特徴は、素人目線でも見逃せないポイントですね…。

3位: FOCAL Shape 40

FOCALと言えば、おフランスのお高級スピーカーの代名詞であり、オーディオマニア御用達のイメージがあるのですが…。
本品はそんなFOCALの(ペアで)10万円切りニアフィールドスピーカーとして、市場に強烈なインパクトを与えた商品であります。
勿論Made in おフランスで、インテリア映えする外観、競合他社には無い独自の仕様で存在感を放っています。

このShape 40はシリーズ最小のモデルで、60cmの距離、5畳程度の部屋でも、最適なリスニング環境を提供できる…そうです。
リスニングとモニター兼用であったり、初心者向けサイトで推している鉄板モデルはちょっと…、という人は検討する価値があるかもしれませんね。

4位: EVE Audio SC204

EVE Audioは、元ADAM Audioの技術者が立ち上げた会社という事もあり、社名が!なのも頷けます。
リボンツィーターなど、ADAM製品に通じる特徴もありますが、EVE Audioの武器はDSP制御のデジタルアンプらしく、ADAMよりハイテクなイメージがあります。
外観も、最近の若者ウケしそうなインテリア性の高いモノになっていますね…。

ちなみに、SC204より小さいSC203と言うモデルもありますが、そっちはIKのアレの対抗馬路線なので、デスクトップ据え置きなら候補から除外。
SC203とSC204(ペア)の価格差は1万円程度ですが、内容的にも購入後の満足度が天地の差、というのは容易に想像できます。
余談ですが、Yamaha MSP5と同等のサイズで約半分の重さ、という計量設計が何気に凄い…。

5位: IK Multimedia iLoud MTM

IK Multimedia(以下IK)は、アンプシュミレーターのAmplitubeで有名な会社である一方、スピーカーやMIDIキーボードなども作っています。
IKはとにかく、市場ニーズを嗅ぎつける臭覚と、商品開発の手腕に定評があり、スピーカーに関しては歴史が浅いものの、iLoudシリーズは好調な売れ行きだそうです。

筆者は以前、IKのiLoud Micro Monitorを買って大失敗、ここの製品は二度と買わん!と決め込んでいます…。
でも、残念な事にiLoud MTMは「ニアフィールド最強!」、「大型スピーカーの音質に匹敵!」等々、市場評価も高いのです。
まぁ、買う時はいい値段するのに、リセールバリューは安いんだろうなぁ〜。


憧れのヘッドホン5選

一般住宅でDTMをやる場合、特に深夜など、ヘッドホンは必須の機材と言えます。
それだけに、DTM趣味層にとっては、DAWやぱそこん本体の次いで優先順位の高い機材でもあります。
ヘッドホンを選ぶ基準も様々ですが、今回は、

  • 密閉型である事。
  • 長期運用できそう(高耐久)。
  • 製造元の知名度が高い。
  • 20,000円以上、50,000円以内。
  • 有線でケーブルの脱着可。

というポイントを抑えて選んでみました。
確かに、オーディオマニアが買いそうな高いヤツはいくらでもありますが、我々の金銭感覚では10,000円を超えれば高級ヘッドホンですからね…。
また、ヘッドホンは直接身に付ける「衣料品的ガジェット」の意味合いもあり、基本的には自分専用。
終活を考えると、極端に高額な機種は買いたくないな…と言うのが本音です。

1位: SONY MDR-M1ST

SONYと言えば、我が国におけるモニターヘッドホンの絶対王者MDR-CD900ST」でも有名。
確かにCD900STもヘッドホンとしては高価で、意を決して購入を決めた人も多いのかな、と。
そして、このM1STはCD900STの倍以上の価格(約34,000円)、Made in Japan、ハイレゾ対応、イヤーパッドやヘッドバンドのアップグレード等、誰もが憧れるに相応しい超高級ヘッドホンなのです。
音質はCD900STより耳当たりが良く、ドンシャリと言うよりはカマボコに近い感じですな…。

確かに、消耗品であるヘッドホンに30,000超え出しにくいですが、CD900STを買ってグランド分離+ケーブル脱着化改造(リケーブル込)をしたり、折り畳み化、YAXI導入とかすると30,000円なんて秒で溶ける…。
それなら、最初からフラッグシップを買うのもアリかな?ってね。
ちなみに、筆者は2019年にボーナスを溶かして買っていますが、2021年の断捨離で勢いに任せて廃棄してしまい、激しく後悔している一品です…。
買い戻したいけど、もう予算が無い!

f:id:Pork_Mince:20210616191444j:plain
売却直前の、SONY MER-M1ST(断捨離を激しく後悔)。

2位: beyerdynamic DT 1770 PRO

はい、Made in Germany、ベイヤーの超絶お高級ヘッドホンでございます…。
今でも、4万数千円とかのヘッドホンって売れるのか?誰が買うんだ?と疑問でしたが、底辺社畜でもボーナスを溶かして買う例さえあるようです…。
まぁ、ベイヤーのフラッグシップである事や、価格の面でも「憧れのヘッドホン」に相応しいかもしれないですね…。

ただ、万が一コレを買っても、「汗臭くなったらどうしよう…」とか、気軽に使えない気がするんです。
あと、本体重量が首や肩に負担をかけそうですね。

3位: YAMAHA HPH-MT8

日本が誇る巨大音楽企業のYAMAHAも、商品ラインナップでモニターヘッドホンがあります。
まぁ、YAMAHAなので、同社の電子ピアノと一緒に買う人が多いのかな?、とか。
Cubaseのヘビーユーザーが推していそう!とか、その程度の印象でした…。
しかし、同社のフラッグシップであるHPH-MT8は、オーディオマニアも唸らせる高解像度のヘッドホンらしいのです。
価格も20,000円を軽く越えており、価格もスペックもプレミアムなヘッドホンと言えますね…。

個人的には、聴き疲れしそうだし、重そうだし、リスニング兼用なら要らないかな。
勿論、音源の粗探しとかに使う人なら、良い選択かもしれないですね。

4位: FOCAL Listen Professional

近年ではヘッドホンの需要が高く、ADAMやFOCALのような高級スピーカー会社がヘッドホンを市場投入する時代になったのかもしれません。
まぁ、FOCALですから、当然ぶっ飛んだ価格のヘッドホンもあるのですが…、本機は手加減して30,000円代のようです。

正直、筆者自身、使った事が無いので、良いか悪いか分かりません。
でも、配色がカッコいいし、モチベーションが上がりそう。
本機はインテリア映えする外観やブランド力で、DTM趣味層の関心も意外と高いのではないでしょうか?

5位: audio-technica ATH-M60x

audio-technicaのATH-M50xは、世界的にもモニターヘッドホンとして確固たる地位を築いた定番商品ですが…。
このM60xはM50xと同じドライバーを使用しているものの、オンイヤー型で軽量化されており、残念な事に価格もUP。
たぶん、知名度も人気も今ひとつじゃないかな、って思ったり。
これまでの記事の流れから行くと、明らかに変わり種臭がするモデルですよね…。

憧れのヘッドホンなのに、何でコレ?ってのは無しですよ…。
何故なら、筆者が今1番欲しいヘッドホンなんです。
カッコいいし、気兼ね無く使えそうだし、このヘッドホンを見つけた時に直感で惹かれました(試聴はしていませんw)。
それに、2万円弱でヘッドホンを買うのって相当勇気が要るし、憧れの1台としてランクインさせても良いかな?思いました。


おわりに

さて、憧れの機材と言う事もあって、自分でも使った事の無いアイテムばかり並べてしまいました。
結果、たとえ5位であっても、底辺社畜のお小遣いでは気軽に手が出ないようなモノばかりですね…。

でも、中途半端に妥協して、満足のいかない安物を買って、3日で飽きて二束三文で売却して…。
買い換える際に情報収集、比較、決断疲れで膨大な時間を浪費して…。
実際に筆者が繰り返してきた「買い物依存症の症状」でもありますが、こんな事で消耗するくらいなら、最初からRMEでもGenelecでも「コレだっ!」って思うモノを買えば良いんです。

まぁ、コロナ禍も終わらんし、この先景気が良くなるか予測できないですが…。
筆者もいつか、断捨離で殺風景になった部屋にモチベーションの上がるオモチャを並べたいと思います…。